カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2018年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

朝食後、Tさんのご案内で長楽館の見学ツアー
a0241377_16334715.jpg

当時の家具やコレクションも貴重な品々

a0241377_16353958.jpg

普段は見ることのできない和室が圧巻

a0241377_16304952.jpg

豪華な天井にはバカラのシャンデリア

a0241377_16322575.jpg
a0241377_16300611.jpg
ステンドグラスも美しい

a0241377_16344766.jpg

ストリーのあるステンドグラス

その向こうは円山公園の緑を臨むお部屋です

a0241377_16340842.jpg

またまた二人で記念写真
コンセルジェのTさん、本当にありがとうございました。

a0241377_16313340.jpg

また、季節を変えて、今度は晩秋に訪れたいです。
旦那さんも大いに気に入って
「京都の洋館」という写真本をご購入

歳とって旅行出来なくなるまで、リピーターになろうと心に誓った中年夫婦でした

チェックアウトは12時
その後は高台寺の近くの湯葉料理やさん「羽柴」でランチ
a0241377_16364857.jpg
優しいお味でした

お店からは八坂神社の塔が見えます

a0241377_16502073.jpg
留守にしていた家のことが気になって
予約した新幹線より、早めに帰宅したのでした

愛犬弥生も待っていますし
a0241377_16515975.jpg
長々と京都旅行の記事、お付き合いありがとうございました














[PR]
by michikokojima | 2018-04-29 16:29 | 京都 | Comments(2)
2日目のディナーは本館メインダイニングでのフレンチ
a0241377_16194194.jpg
先ずはライブラリーバーにてカクテルを

a0241377_16202238.jpg
a0241377_16214246.jpg

ロビーではピアノの生演奏 
ベーゼンドルファーです!

a0241377_16234303.jpg

ピアノの調べを聴きながら、メインダイニングへ移動

a0241377_16222198.jpg
a0241377_16230192.jpg

そこはかつては国内外の多くの賓客を迎えた豪華なお部屋

テーブルには大倉陶器特注の長楽館オリジナルの食器がお出迎え

a0241377_16210324.jpg

a0241377_16243995.jpg

メインは藁の燻製の香りをつけた牛ヒレ肉

香りを楽しむ演出も
a0241377_16241732.jpg
a0241377_16251897.jpg
デザートまで大満足のフレンチコースでした

a0241377_16244963.jpg
実はこの日のお客様はわたくし達のみ
貸切でした

もう皇族になった気分

夢のようなひと時でした

一方、旦那さんはグラスワインのお値段とお水のお値段とサービス料を気にしてしまって。。。
ワインリストがないとかブツブツ。。。。

最後は記念写真
a0241377_21131531.jpg
もう幸せ一杯でぐっすり眠りました
ご馳走様でした
a0241377_16190492.jpg
最終日は朝食の後に、長楽館内ツアー
宿泊者限定のお部屋も見ることが出来るそうです
その7に続きます





[PR]
by michikokojima | 2018-04-28 08:05 | 京都 | Comments(2)


美しい朝食の後は京都観光へ
ホテルから歩ける範囲で楽しみました

1.青蓮院

もちろん木村英輝さんの襖絵が目的です
a0241377_20033480.jpg
午前中でしたので観光客も少なめ
スペイン人の団体さんが拝観してました
a0241377_20044383.jpg
小御所
桜が少し花を残していました
a0241377_20024286.jpg
アメリカ人のご家族に話しかけて
スナップの交互撮影
a0241377_20193069.jpg


2.山県有朋の別邸 無鄰菴へ
a0241377_20062938.jpg
日露戦争開戦を話し合った部屋のある洋館

a0241377_20052668.jpg
和室からのお庭が美しい
a0241377_20073420.jpg
庭師さんが丁寧に仕事をしての庭園の美しさなんですよね

3.知恩院さんは
団体さんの大型バスが多数!!今回は見送り
a0241377_20081514.jpg

3.石塀小路
一瞬、人がいなくなったのをパチリ
a0241377_20013904.jpg
古き良き京都の佇まい

a0241377_20084868.jpg
皆様外人さん
外人さん好みの色鮮やかな着物ばかり
見ていて、楽しかった!!

京都の観光客外人率75パーセントと思われました
二年坂あたりでは、若い女性の外国人の80%がお着物

不思議なワンダーランドでした

a0241377_20302968.jpg
やっぱり長楽館が一番いい。。。
宿泊棟へのエレベーター壁画も木村英輝さんです

いよいよお待ちかねのフレンチディナーに続きます
a0241377_20350999.jpg








[PR]
by michikokojima | 2018-04-27 09:19 | 京都 | Comments(2)
朝8時、部屋を出ると、コンシェルジュのTさんが笑顔でお出迎え
宿泊中はTさんが専任担当で、何から何まで案内してくれます
観光地図のコピーから、お疲れ様の置き手紙までお部屋にさり気なくあったり
素敵な福井出身の女性でした
a0241377_10501776.jpg
昼間はカフェですが、朝は宿泊者だけなのでひっそり
a0241377_10505263.jpg
年代物のバカラのシャンデリア
a0241377_10514490.jpg
まずはフレッシュジュース
旦那さんは清見オレンジジュース
私はリンゴと青菜のジュース
美味しくてお代わりしました
a0241377_10521725.jpg
新玉ねぎのスープ
自然な甘さ 美味でございました
食器はマイセン
a0241377_10522766.jpg
サラダは大原のもの
旦那さんは卵ダメなので、鯛
私はスクランブルエッグ
a0241377_10530140.jpg
2日目は季節のタケノコのスープ
a0241377_10532825.jpg
こちらも2日目
ホタテのソテー
a0241377_10535931.jpg
ゆったりとしたお部屋での朝食
貴族になった気分で美味しくいただきました
a0241377_11052098.jpg
朝食後は京都観光へ

続編その5へ







[PR]
by michikokojima | 2018-04-26 11:09 | 京都 | Comments(0)
初日の夕食は宿泊棟の1階のイタリアンレストランにて
a0241377_16504088.jpg
カジュアルな雰囲気ですが
スタインウェイのピアノの生演奏付き

天井壁の絵は有名な画家によるものだそうです
30−40代のカップルが他に2組だけで静かでした
a0241377_16492537.jpg
地元の京野菜を使ったイタリアン
皿数が多くてそれぞれ楽しめます
和風の穴子の一皿が美味しかった
a0241377_16483299.jpg
メインの短角牛ヒレ
付け合わせの白子たけのこがこれまた絶品
えぐみが全く無い珍しいたけのこだそうです
a0241377_16491029.jpg
皿数は多いけど、お上品な量なので
デザートも美味しくいただけます
甘酒のアイスクリームが美味しかった
上に乗っているのは
桜の葉の塩漬けをクッキー生地を付けて焼いたもの
これまた美味しい!
a0241377_16475206.jpg
ハーブティーとプチガトーを頂いてご馳走様でした
客室に戻り、フロアのアンティークコレクションを見たりして
ゆっくり休みました
(でも興奮して最初の夜はよく寝れなかった)

a0241377_16471072.jpg
割と軽めのディナーだったので
朝、旦那さんお腹空くかなと思って
ラウンジからクッキーとナッツチョコをもらって帰りました
どうやら夜中にお腹が空いたらしく
ポリポリ食べたそうな
夜中にナッツチョコを食べたら、消化悪くて
胃が痛くなりましたとさ


次はいよいよ本館での朝食です!!









[PR]
by michikokojima | 2018-04-24 17:08 | 京都 | Comments(2)
a0241377_15445295.jpg

長楽館は明治の煙草王村井吉兵衞の別邸跡。
設計はアメリカ人ガードナー
明治42年に完成
宿泊最終日に館内ツアーの予定です。
a0241377_15452372.jpg
正面玄関前で
a0241377_15532003.jpg
宿泊は別棟
先ずは4階のラウンジへ
a0241377_15501817.jpg
何気なく置いてある調度品も素晴らしい。
a0241377_15455042.jpg
お部屋からは円山公園の緑と知恩院が望めます。
a0241377_15505054.jpg
バスルームも広々。
ジェットバスが気持ちよかった!!
バスタオルも上質でびっくり。
a0241377_15463109.jpg
本館に戻って、フリーサービスの飲み物を。
ホームメイドジンジャエールが美味しくて、滞在中2回いただきました。
a0241377_15562244.jpg
ティールームも複数あり、宿泊者には、お席を予約してくれました。
a0241377_15475976.jpg
もとはビリヤードルームであったお部屋も素敵。
a0241377_15471168.jpg
ギフトショップも素敵。
a0241377_15570683.jpg
先代のオーナーのコレクションも豪華

古い洋館が大好きな旦那さんも大喜び
東京や横浜の洋館を二人でよく訪れました。
古河庭園 岩崎邸 開東閣 
でも、実際にお食事できたり、宿泊できるところは少ないですよね。

現在も多くのお客様が訪れて、生きている洋館は素晴らしいです。
現在のオーナーさんの心意気に感服です。

この日の夕食は、別館のイタリアンにて。
その3に続きます。

a0241377_15493270.jpg
お姉ちゃん、お仕事の後、直ぐによる散歩に連れて行ってくれました。
ありがとね!!







[PR]
by michikokojima | 2018-04-23 08:51 | 京都 | Comments(0)
a0241377_12192227.jpg
4月15日から2泊3日で京都へ。
桜も散って比較的観光客も少なくて、新緑の京都を楽しみに。
最近、通年公開となった京都御所へ。
この日はちょっと風が吹いて肌寒い天候でした。
紫宸殿をバックに、中国人カップルに撮ってもらいました。


a0241377_14042605.jpg
御車寄
a0241377_12213959.jpg
建礼門

a0241377_12204133.jpg
清涼殿

源氏物語にもよく出てくる天皇の日常のお住まい。
思いの外、質素で、薄暗い。。。
a0241377_12173859.jpg
青紅葉が綺麗。
a0241377_12183535.jpg
築地塀

大河ドラマでよく見る風景。

午前中は雨が降っていたのに、御所を訪ねた頃には青空も。
広々した御所をそぞろ歩くには最適の天気でした。
関東の田舎者が天子様が暮らした御所を歩くなんて、本当に今に生まれてよかったな!!と感慨深く。

バスに乗って、今日の宿泊先:長楽館に向かいます。
a0241377_12243749.jpg
東山の円山公園に面した洋館:長楽館
喫茶が有名ですが、隣接してホテルもあります。
全6室のミニホテルですが、一休コムでの口コミナンバー1!!
過去、2回予約を入れたのですが、身内の不幸が重なり、いずれもキャンセル。
やっと、今回訪れることが出来ました。
京都来訪の一番の目的はこのホテルなんです。
宿泊者は本館の洋館で朝食を取れたり、喫茶のお飲み物は無料。
館内はアンティークも随所にあり、建物自体が美術館の様。
a0241377_14032225.jpg
ホテルの委細紹介は次回に。

a0241377_12154447.jpg
愛犬弥生は、長女がよく面倒を見てくれて、留守番も安心です。








[PR]
by michikokojima | 2018-04-22 14:22 | 京都 | Comments(2)

伊香保温泉 諧暢楼


父が亡くなって2ヶ月が経ち、ようやく落ち着いてきましたので、
父が母を連れてよく訪れていた伊香保温泉に行ってきました。
a0241377_15142791.jpg
今回は、一休コムでセール価格のソムリエセレクト3種のドリンク付きお得なコースを予約しました。
伊香保では最上級クラスのお宿;福一さん別館 諧暢楼です。
a0241377_15145491.jpg
チェックインは3時ですが、2時45分ぐらいに到着。
お部屋にすぐ通していただき、ウエルカムドリンクを。
旦那はシャンペン
私はお抹茶

専属の仲居さんに、色々とご説明いただき、
本館福一さんの、大浴場へ。
a0241377_15161448.jpg
まだ、団体さんが到着していない早い時間だったので、
大きなお風呂にゆったり。
諧暢楼の廊下は部屋のカードで入館なので、誰にも会わない。
誰にも擦れ違わない。
不思議???

お楽しみの夕食は5階のお食事処に移動して。
私は、ノンアルコールドリンクをいただきました。
JALファーストクラスでも出しているという、
FALL IN LOVEというお茶です。
a0241377_15254989.jpg
先付け:鰆のローストと焼きなす

お椀:豆腐のすり流し
a0241377_15320861.jpg
お造り:天然鯛の昆布しめ 春野菜
a0241377_15314854.jpg
焼き物:上州黒毛和牛の炙り
a0241377_15224153.jpg
口替:焼き空豆と胡瓜
a0241377_15304669.jpg
温物:大和豚の小鍋
a0241377_15251021.jpg
食事:トマトと牛蒡の炊き込みご飯
a0241377_15261870.jpg
水菓子:オレンジと白ワインのグラニテ
a0241377_15220888.jpg
どれも、繊細な包丁さばきが伝わる品。お出汁も素晴らしい。
デザートになると、あれ?と手が抜いてあることも多々ありますが、
こちらは最後まで繊細な心ずくしが伝わるものでした。
ワインもPinot Noir, Chardonnayの上級なものが出てきました。

量もお上品なので、若い子には足りないかも。
50代後半の私達にはちょうど良かった。
翌朝の朝ごはんも、同じお部屋でしたが、綺麗なお花が新しく活けてあって嬉しかった!
a0241377_15573749.jpg
朝食のサラダがこれまた、美しい盛りつけで感激です。
a0241377_15234728.jpg
卵料理がダメなので、お魚や鶏肉、野菜が丁寧にお料理されていて、贅沢な朝食。
a0241377_15265614.jpg
デザートまで美味しくいただきました。
a0241377_15273213.jpg
お部屋に戻って、12時のチャックアウトまで、露天風呂に入ったり、新聞読んだり。
a0241377_15293646.jpg
のんびりさせていただきました。
諧暢楼さん、本当に他のお客さんに不思議なほどすれ違う事なく、
丁寧に接客されているのがよくわかりました。
通常だと一人5万するらしいので、ちょっと贅沢ですね。
今回はとってもお得に泊まれましたが、再訪は難しいかな。。。
諧暢楼さん、素敵なおもてなしをありがとうございました。


帰路、水沢うどんをいただいて、
JAファーマーズで群馬の美味しい野菜とお肉をたっぷり買って帰りました。
原木椎茸が、東京の半額でとっても美味しいのにはびっくり!!
ずーと高値だった、ブロッコリーもこの冬、初めて買えました。
a0241377_15300342.jpg
愛犬、弥生は長女が金曜日に有休を取ってくれて、一緒にお留守番してくれました。
ありがとう!

a0241377_16045230.jpg



[PR]
by michikokojima | 2018-04-08 16:41 | おでかけ | Comments(0)