日々の写真と記録


by 弥生ママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:料理( 201 )

鴨のコンフィ

タミー先生のフランス料理教室のメイン料理
a0241377_21461911.jpg

クリスマスに家庭でも出来るコンフィの作り方を教えていただきました。
a0241377_21461976.jpg

鴨肉は塩麹、砂糖をまぶして、オリーブオイル、胡椒、ローリエ、ローズマリーと共に
一晩マリネします。
a0241377_21462087.jpg

鍋にたっぷりの水を75度のお湯にして、ジップロックに入れた鴨肉を入れ、湯の温度を75度前後に保ちながら2-4時間加熱します。
a0241377_21462028.jpg

湯の温度が上がりすぎると肉が固くなるので注意が必要です。
a0241377_21462199.jpg

鴨肉をジップロックから出し、オーブンで8-10分焼いて、
カモの皮面をパリッとさせる。付け合わせの野菜も、下茹でして一緒に加熱します。
a0241377_21462175.jpg

ソースはバルサミコ酢と赤ワインをと弱火でとろみがつくまで加熱します。
a0241377_21462138.jpg


お皿の奥に付け合わせの野菜を、手前に鴨肉を盛り付け、ソースをかけます。
鴨肉は楽天で購入された国産のもの。
鶏肉に比べるとしっかりした歯ごたえと風味が楽しめました。
a0241377_21462254.jpg

デザートはクレープシュゼット
焦がしバター風味のクレープと甘酸っぱいオレンジソースが絶妙の美味しさでした。
12月のフランス料理教室も素敵な料理とレシピをありがとうございました。

a0241377_21462268.jpg

タミー先生のお教室、今年も是非参加したいと思ってます❣️
よろしくお願いいたします。
[PR]
by michikokojima | 2016-01-03 21:20 | 料理 | Comments(0)
a0241377_20111565.jpg

アメリカで話題の即席パンです。
材料を混ぜてすぐ焼けるので、朝食やランチにもピッタリです。
a0241377_20111590.jpg

マフィン型の内側にバターをやや厚めに塗っておく。
a0241377_20111677.jpg

卵、塩コショウ、牛乳を加えて混ぜ、ふるった薄力粉と強力粉、溶かしバターを加えて混ぜます。
a0241377_20111653.jpg

マフィン型に流し入れてチーズをのせ、コショウを振り230度のオーブンで15分、180度で20分焼きます。
a0241377_20111768.jpg

見事膨らんで、美味しそうですね。
中は空洞で軽い食感です。
メイン料理はまた後日。年を越しての宿題です。

a0241377_20111710.jpg

寒くなってきましたね。
犬も暖かい洋服が必要な季節です。メガネ型のハーネスが変な風に装着しておりましたが、この後、着け直しました。うっかり母さんで、ごめんね。

この年末、久しぶりの家族4人揃っての旅行に行ってきました。
前日まで仕事の長女:お疲れモードですが、アウトレットに行くということを条件に参加
ESSと塾アルバイトで忙しかった長男:こちらも前日まで日光へ温泉弾丸日帰り旅行でお疲れ:やっぱりアウトレットで洋服を買うとの目的で参加

旅行の記事はまたこれも年越しの宿題です。
子供達が小さい頃からよく行っていた蓼科でしたが、長女は社会人、長男も大学生になり、余裕の旅行でした。もう世話を焼く必要もありません。
旦那さんは、子供二人ついてきてくれたので、とっても嬉しかった様です。
四半世紀の子育ての時間ももう終わったのだな~と感無量でした。

皆様良いお年を〜❣️
[PR]
by michikokojima | 2015-12-31 15:54 | 料理 | Comments(0)

12月のフランス料理教室の前菜はキノコの旨みたっぷりのスープです。ポップオーバーというパンを添えて頂きます。
a0241377_19092632.jpg


ニンニクとキノコ3種類とポルチーニ茸を炒めます。
a0241377_19071619.jpg

白ワインを加えてアルコール分を飛ばし、ブイヨンとポルチーニ茸の戻し汁を加えて30分弱火で煮ます。
a0241377_19071767.jpg

生クリームとミキサーに入れて、鍋に戻して火にかけます。
a0241377_19071756.jpg

濃度を見ながら牛乳を加えて塩胡椒で味付けします。温めた牛乳を泡立て、キノコのソテーも散らして出来上がりです。
a0241377_19071706.jpg

ふわっとした泡とコリコリしたキノコを楽しみながら、キノコの濃厚な香りを味わうスープでした。大人のおもてなしにピッタリです。
タミー先生のお料理教室の記事は続きます。

a0241377_19071877.jpg

落ち葉の絨毯で、マテ078.gifの練習です。
弥生✌上手に出来ました。


[PR]
by michikokojima | 2015-12-29 17:51 | 料理 | Comments(0)
a0241377_14132522.jpg

メイン料理はお魚です。
a0241377_14132558.jpg

水、ワインビネガー、塩、ローリエ、レモンの皮、カルダモンを1度沸騰させたマリネ液に1-2時間浸します。
a0241377_14132644.jpg

水分をよく拭き取り、常温に30分置いたら、小麦粉を薄くまぶして、たっぷりのバターで焼いていきます。
a0241377_14132691.jpg

途中、バターをお魚にかけていくことで、しっとりとした焼きあがりになります。
付け合わせは、ごぼうをバターで焼いて、お砂糖でさらに焼き目をつけて、赤ワイン、ブイヨンローリエ、プルーンと煮ます。
a0241377_14132775.jpg

盛り付けは、先生のセンスで、京都土産にからすみを振りかけました。
a0241377_14132819.jpg

マリネすることで、お魚の臭みが消えて、ふんわり美味しいムニエルになりました。
a0241377_14132967.jpg


デザートは栗のミニパイ
a0241377_14132905.jpg

先生のオリジナルでよくパーティなどに作られるそうです。
11月の素敵なお料理とレシピをありがとうございました。
a0241377_14133082.jpg

寒くなってきたら、この所一緒にお布団で寝るようになってしまいました。犬の体温は38度なのであったかいんですよね。



[PR]
by michikokojima | 2015-12-03 13:55 | 料理 | Comments(0)
a0241377_21165155.jpg

11月のフランス料理教室の前菜は、お肉とお野菜を包んでいただくクレープです。
a0241377_21165219.jpg

ブレゼは弱火で煮たものとの意味。
豚バラ肉は塩、胡椒、グラニュー糖、ローズマリー、ネズの実で一晩マリネします。
a0241377_21165253.jpg

a0241377_21165272.jpg

肉から出た水分を拭き取り、弱火で2〜3時間煮ます。煮汁に入れたまま冷まして、スライスします。食べる前にフライパンでカリッと焼きます。
a0241377_21165282.jpg

保存する場合は煮汁を濾して、肉をつけた状態で冷蔵庫へ。一週間保存可能です。
a0241377_21165385.jpg


彩り鮮やかな赤キャベツのシュークルートを作ります。
a0241377_21165393.jpg

オリーブオイルを熱した鍋に赤キャベツを入れてしんなりするまで炒めます。
a0241377_21165409.jpg

赤ワインビネガー、はちみつ、塩胡椒を加え水分を飛ばしたら、蓋をして弱火で10分ほど煮ます。水分が残っていたら、最後に蓋を外して水分を飛ばし、塩胡椒で味を整えます。
a0241377_21165431.jpg

クレープ生地は強力粉を使って、もっちりとした食感です。
a0241377_21165426.jpg

盛り付けは、お皿の中央にクレープを置いて、キャベツのシュークルート、豚肉のブレゼ、サワークリームをのせて包みます。
モチっとしたクレープにお肉とキャベツの組み合わせがとっても美味しい一品です。
a0241377_21234377.jpg

メイン料理はまた後日に。。。。
a0241377_21234492.jpg

トリミング直後の弥生;なんだかふてぶてしい。今回はリボンがすぐに取れてしまいました。

[PR]
by michikokojima | 2015-12-01 20:52 | 料理 | Comments(0)
メイン料理は柔らかくて脂の少ない牛肉をクリームで美味しくいただく一品。赤パプリカのピラフを添えます。
a0241377_12065601.jpg

牛肉は棒状にカットし、しっかりと水気を拭いて、塩、こしょう、パプリカパウダーを振って小麦粉をまぶします。
a0241377_12065713.jpg

牛肉は表面をさっと焼きアミに上げて余分な脂を切ります。
牛肉を焼いた鍋にバター、オリーブオイルとニンニクを熱して、玉ねぎを加えて炒めます。マッシュルームを加えてさらに5分ほど炒めます。
a0241377_12065752.jpg

牛肉を戻して、ブランデーを入れアルコールが飛んだらブイヨンを加えて煮込みます。仕上げに生クリームサワークリームを加え、塩胡椒で味を整えます。
a0241377_12065764.jpg

ピラフは玉ねぎ、赤パプリカをバターで炒め、米も加え、その後暖かいブイヨンを加えて150度のオーブンに20分入れて炊き上げます。この方法ですとお米がパラっと美味しくできます。
a0241377_12065818.jpg

ピラフは型に入れておしゃれに盛り付けます。唐辛子パウダーをふりかけるとおいしさがぐっと増します。
a0241377_12065877.jpg

デザートには先生手作りのロールケーキをいただきました。
今月の素敵なお料理とレシピをありがとうございました。

さて、我が家の弥生は、今日も元気。
ピアノの前に置いた自動餌やりマシーンが大好きです。時間外でもちょっと叩くと餌がポロッと出てくることを発見して、さあ大変です。しょっちゅう前足で叩いています。壊れては大変なので、ピアノの椅子の上に移動させました。それで、ピアノの椅子の前で、不満顔で佇んでいます。
a0241377_12093870.jpg


[PR]
by michikokojima | 2015-10-30 11:47 | 料理 | Comments(0)
a0241377_11500637.jpg

3ヶ月ぶりにタミー先生のフランス料理教室に参加してきました。前菜はパリパリとした食感が美味しいサラダ。
ドレッシングの作り方やオイルの選び方も教えていただきました。
サラダ用葉物の扱い方も、水気をしっかりとることが大事。
salad spinnerにかけた後、キッチンペーパーに1時間ほど広げて置いておくそうです。
a0241377_11500648.jpg

ミニカマンベールには溶き卵をくぐらせて、アーモンドスライスを貼り付けてフライパンで焼きます。
a0241377_11500644.jpg

a0241377_11500782.jpg

フライパンの空いている部分に、ベーコンとアーモンドスライスを炒めます。
a0241377_11500719.jpg

盛り付けです。チーズを取り出した後、フライパンにドレッシング少量を加えて絡めておきます。
a0241377_11500883.jpg

たっぷりの量なので深めのお皿で頂きました。うーん、久しぶりのタミー先生のお味!!堪能しました。メイン料理はまた明日。


a0241377_11500882.jpg

さて、こちらは我が家のリビング。
食卓に家族がいると弥生が真っ先に行くのは、長女のお膝。
一番優しくて、何かくれそうな人。
そういえば、長女は一度も弥生を怒ったことがありませんね〜。
[PR]
by michikokojima | 2015-10-29 11:28 | 料理 | Comments(0)

ほうじ茶ゼリー

残暑厳しいとはいえ、雨が降ると気温は30度を下回り、涼やかな風に夏の終わりを予感するようにもなりました。
a0241377_16374332.jpg

この夏定番のおやつはほうじ茶ゼリー^_^
黒蜜をかけていただきます。
ひんやりと喉越しも良くて、カロリーも低いです。
コーヒーゼリーと交替で作っております。
a0241377_16374378.jpg

先日の健康診断の体重と腹囲の測定でビックリ‼︎
3キロ太っていました。
弥生のダイエットだけでなく、自分の体重も気を付けないといけませんね〜。
[PR]
by michikokojima | 2015-08-22 16:25 | 料理 | Comments(0)
a0241377_17392934.jpg

刺身用サーモンを使い、燻製の香りを楽しみながら味わうぜいたくな主菜です。
サーモンは塩、砂糖で3-5時間マリネして、氷水で洗い落とした後、水分をしっかりふき取ります。
a0241377_17433519.jpg
a0241377_1745457.jpg
a0241377_17481269.jpg

桜のチップ、グラニュー糖を用いて2-3分燻製にかけ、火を止めて蓋をしたまま10分放置します。
グリルでは付け合せのアスパラガスを焼いています。アルミホイルを敷いて、オリーブオイル、塩コショウでOK!!
ソースはオリーブ、トマト、アンチョビ、エシャロットをみじんぎりにして、オリーブオイル50ccで温めます。
お魚にも、お肉にも合うソースです。
a0241377_1754315.jpg

仕上げにサーモンは高温のフライパンで焼き色を付ます。
a0241377_17583829.jpg
a0241377_17593973.jpg

クリームのクネル(生クリームをレモン汁を入れて泡立てたもの)を添えて、盛り付けです。
a0241377_1814586.jpg

マリネした塩味が程よく利いて、生クリームとの組み合わせも絶妙です!!
今月も素敵なレシピとお料理をありがとうございました。
a0241377_1874613.jpg

この頃お母さん、お料理教室の復習サボっています。自分だけおいしいもの食べてます。。。先生と同じ食材を調達しようとすると。。。4人分そろえるのは家計的に厳しい。。。ふるさと納税で鮭がいただけるところがあるので、狙っております。でも、お教室でのソテーの仕方、付け合せの野菜の扱い方、ソースなどは家庭ですぐ実践しています。とてもよい勉強になっていますよ。。

[PR]
by michikokojima | 2015-06-22 08:37 | 料理 | Comments(0)
タミー先生のフランス料理教室:前菜は米なすを使った詰め物
トマト、 ベーコン、 スライスチーズを加えて、夏らしいボリュームもある一品です。
a0241377_16593672.jpg

下準備として、飾りのなすスライスをソテーしておきます。
トマトも湯剥きしてタネを取り出し、飾り用のスライスと残りはあらみじん切りにします。
a0241377_1742951.jpg

a0241377_1752568.jpg

なすは縦半分にカットして、切込みを入れて、200度のオーブンで25分焼きます。
焼いたなすの皮を傷つけないように果肉をスプーンで取出し、みじん切り。
ファルシの材料:にんにく、エシャロット、トマト、ベーコンを炒め、煮詰めていきます。
なすとバジルの葉も加えて、仕上げにとろけるチーズを加えます。
a0241377_1711165.jpg

なすの皮のカップに詰めて、その上になすのソテーとトマトのスライスを交互に並べて、
チーズを振りかけます。
a0241377_17151885.jpg
a0241377_17173738.jpg

200度のオーブンで20分ほど焼いて出来上がり!!
a0241377_17202078.jpg

アツアツをとても美味しくいただきました!!
a0241377_17221044.jpg

主菜はまた明日!!


a0241377_17251324.jpg

梅雨はお散歩ができない日があってつまんない!!
そう人間は思うのですが、弥生はご飯さえもられば、特に不満はないようです。
[PR]
by michikokojima | 2015-06-21 17:07 | 料理 | Comments(0)