日々の写真と記録


by 弥生ママ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:料理( 199 )

日本料理教室 たんたか


神楽坂の料理屋さん主催の料理教室に行ってきました。
生徒さんは常連さんの主婦4-5名のグループと私のような一人参加の女性3名。
a0241377_22273829.jpg

まずは9月のお月見の前菜:可愛らしいうさぎさんの器の中は、スダチとかますでした。他は毛ガニの酢味噌和え、菊と春菊のおひたし、芋担ぎ、みょうが添え。前菜をいただきながら、出汁の取り方を教わりました。
a0241377_22273934.jpg

日本料理の基礎は出汁❣️
ついつい便利な顆粒タイプを使ってしまいますが、基本を大切にしたいですね。
この出汁を使った料理3品も教えていただきました。
a0241377_22274095.jpg


うーん、プロの味ですね。お出汁が優しくて、お醤油を混ぜた大根おろしとよく合います。
a0241377_22274166.jpg

蓮根蒸し
a0241377_22274246.jpg

鴨治部煮
a0241377_22274334.jpg

a0241377_22274459.jpg

鯛茶漬け
a0241377_22274433.jpg

20歳の見習いの板前さんが頑張っていました。
a0241377_22274517.jpg

デザートにはカステラ。お腹いっぱい‼️
色々と勉強になりました。
10月にも参加の予約を入れました。
手間はかかるけど、和食の基本:出汁を取ってみようとやる気を頂いた次第です。
このブログを書いている本日、出汁2リットル作りましたよ❣️
a0241377_22341565.jpg

インスタに載せた弥生&長男くんESSディベート大会優勝のトロフィー🏆。
頑張りました。



[PR]
by michikokojima | 2016-10-01 22:06 | 料理 | Comments(0)
a0241377_12510005.jpg

9月のフランス料理教室のメインはレンズ豆とデックセルの煮込みを添えていただきます。
a0241377_12510077.jpg

豚ヒレ肉は常温に戻しておき、肉の端は焼きやすい様にまとめておくのがポイント❣️
フライパンの中のオイルをスプーンですくい、肉にかけながら焼き、暖かいところで10〜15分休ませるのも重要ポイントです。

ハニーマスタードソース:ハニーマスタード大さじ4:マヨネーズ小さじ2:生クリーム大さじ3:以上を軽く温めて塩胡椒

レンズ豆とデュクセルの煮込み:
レンズ豆は水に浸す必要がなく、すぐ使えます❣️
ニンニク、オリーブオイル、エシャロット、マッシュルームをじっくり炒めます。
レンズ豆、人参を加えてブイヨン、ローリエを加えて20〜30分煮込みます。

a0241377_12510155.jpg


デザートはいちじくのコンポートでした。
タミー先生、今月も素敵な料理とレシピをありがとうございました❣️
a0241377_12510281.jpg

食欲の秋❣️食べるばかりでなく、しっかり、お家でもお料理しないとね⁉️
先生のお料理に対する情熱とセンスに少しでもあやかりたいと願います⁉️
a0241377_12563806.jpg

最近、益々、生意気弥生⁉️訪問者にはものすごく吠えるのに、先日お泊まりした長男の後輩には尻尾フリフリで全く吠えず⁉️
イケメン19歳が気に入ったのか?
謎です。

[PR]
by michikokojima | 2016-09-17 12:30 | 料理 | Comments(0)
a0241377_13192511.jpg

9月のフランス料理教室の前菜その1です。
この季節に美味しいナスを香り豊かな黒胡椒とコンソメのジュレでいただきます。
a0241377_13192635.jpg

和食の翡翠ナスと同じ手順の下準備がポイント❣️
ナスは天地を落として、縦方向に包丁で筋を入れます。
中心に油が通る様に竹串を縦方向に貫通させます。
油で揚げた後は、すぐに氷水に入れて冷やし、
粗熱が取れたら、皮をむき、輪切りにして、コンソメ液に入れ充分に冷やし固めます。
a0241377_13192745.jpg

前菜もう一品は、オレンジと鯖の爽やかな組み合わせ❣️
白ワインにピッタリですね❣️
a0241377_13192822.jpg

マリネ液は玉ねぎとセロリを炒めて、コリアンシード、オレンジ果汁を加えて5分程煮詰めます。仕上げに白ワインヴィネガーを加え、塩胡椒します。
しっかりと焦げ目がつく様に焼いた鯖にマリネ液をかけて冷やします。
a0241377_13192917.jpg

まだまだ残暑厳しい9月にピッタリな爽やかな前菜でした❣️
主菜はまた後日❣️
a0241377_13193120.jpg

台風、秋雨前線とお天気が悪いですね〜。
お散歩あまり好きではない弥生。。。。
でも健康のためには、散歩しないとね。
(飼い主も。。。。)


[PR]
by michikokojima | 2016-09-15 12:55 | 料理 | Comments(0)

トマトのテリーヌ

a0241377_10361970.jpg

7月のタミー先生のフランス料理教室:前菜はカラフルなプチトマトのゼリー寄せ
トマト水のゼリーなのですが、これが爽やかな美味しさ❣️
ジェノベーゼの粉を添えていただきます❣️
a0241377_11002583.jpg

トマト水:ミキサーにかけたトマトを冷蔵庫で1日濾します。
テリーヌ型には取り出しやすいように、ラップを縦横方向に長めに敷き詰めます。
プチトマトは串で穴を10個ほどあけます。
a0241377_11002635.jpg

バットに入れたトマトにトマト水のゼラチン液を加えて馴染ませます。先ほどあけた穴にゼラチン液が入っていきます。
テリーヌ型にミニトマトを入れ、隙間にマイクロトマトを入れ、ゼラチン液を注ぎ入れます。
ゼラチン液は50cc残して、後から、固まった表面の凸凹を調整するためにそそいで固めます。
a0241377_11002621.jpg

粉ジェノベーゼは、フードプロセッサーでバジルの葉、パルメザンチーズ、ニンニクを粉状にしたもの。冷凍保存できるので、パスタにもお勧めです。
a0241377_11002759.jpg

見た目も素晴らしいですが、味も素敵❣️
いろいろなプチトマトの味も楽しませてくれます❣️
メイン料理はまた明日❣️

a0241377_11002714.jpg

我が家のわんこ:弥生4歳
IKEAの布団カバーがお気に入りです。







[PR]
by michikokojima | 2016-07-15 10:29 | 料理 | Comments(0)
a0241377_15021002.jpg

タミー先生のフランス料理教室のメインは
旬の鰹❣️
a0241377_15021019.jpg

カツオは一晩オレガノ、パプリカパウダー、にんにく、白ワインビネガー等のマリネ液に漬けておき、
翌日、片栗粉をまぶして、高温でカラッと揚げます。
玉ねぎは皮付きのまま200度のオーブンで30〜40分焼きます。焼き玉ねぎの中身とパルメザンチーズ、生クリームをミキサーにかけ、鍋に入れ温めます。
紫玉ねぎのスライスを加えて、塩胡椒で味を整えます。
a0241377_15021177.jpg

仕上げに白ワインビネガーで酸味をプラス!
とても美味しくいただきました。
今月も素敵なお料理とレシピをありがとうございました。
インスタグラムでもお教室を紹介させていただきました。

a0241377_15021164.jpg


我が家のわんこ:月曜日は静かです。
a0241377_15021180.jpg



[PR]
by michikokojima | 2016-06-27 14:47 | 料理 | Comments(0)

アスパラのパイ包み

a0241377_17132315.jpg

タミー先生のフランス料理教室の2品目はアスパラの旨味をぎゅーと閉じ込めたパイ包み❣️

パイ生地に皮をむいたアスパラ2本をのせ、パルメザンチーズをふりかけて、パイ生地で包みます。
その際、パイ生地の長い辺の縁にドリュール(卵黄と水大さじ1)を塗ります。
a0241377_17132352.jpg

パイ生地の表面にドリュールを塗ります。穂先にはアルミホイルを被せます。
210度のオーブンで20分。
しっかりと焼き目をつけます。
a0241377_17132446.jpg

ソースはバルサミコ酢とクレームドカシスを弱火で煮詰め、塩胡椒で味を整えます。
パルメザンチーズをふりかけていただきます❣️

次はいよいよメイン料理です❣️


我が家のわんこ
a0241377_17132423.jpg

今月のトリミングに行ってきました。


[PR]
by michikokojima | 2016-06-26 16:57 | 料理 | Comments(0)
a0241377_14004080.jpg

6月のフランス料理教室:スープは夏らしい冷たいスープ
a0241377_21534780.jpg

キュウリは皮をむき、種も取り、アボカドもカット。材料を全てミキサーにかけます。
a0241377_21534736.jpg

ポイントはタマリンドペーストやホワイトバルサミコ等、こだわりの材料でしょうか⁉︎
a0241377_21534858.jpg

トッピングにはミントの葉、りんご、キュウリを千切りしたものを添えます。キュウリもきちんと下処理すると美味しいです。
全く青臭くなく、滑らかな舌触りに、トッピングの歯触りが爽やか‼️
素敵なスープです❣️
今回は前菜がもう一品ありますので、お楽しみに❣️

a0241377_14004122.jpg

インスタグラムより、やよいの写真です❣️
お父さんの甘やかしに最近益々増長ぎみのワンコ‼️お父さん出張中は静かでしたよ。
[PR]
by michikokojima | 2016-06-25 13:48 | 料理 | Comments(0)

若鶏のバスク風煮込み

タミー先生のフランス料理教室:5月のメインは鶏肉です。オーブンで作るピラフと共にいただきました。
a0241377_13351340.jpg

鳥もも肉は余分な脂、筋を取り、塩胡椒します。
a0241377_13351338.jpg

フライパンで皮面を焼き、取り出します。
そらないように鍋蓋などで押し付けるようにするのがコツ❣️
a0241377_13351421.jpg

フライパンを軽く拭いて、オリーブオイル、にんにく、生ハムを弱火で炒めます。香りが出たら、たまねぎ、ピーマンを加え炒めます。
a0241377_13351471.jpg


トマト、トマトペースト、ブイヨンを加え、更に鶏肉、タイムの葉を加えて、15-20分煮込みます。
a0241377_13351497.jpg

仕上げにオリーブ-カイエンヌペッパーを加えます。
ピラフは鍋でバター、玉ねぎを炒め、米が透き通るまで炒めます。
a0241377_15172362.jpg


暖かいブイヨンを加えて沸騰後、塩胡椒して味を整えます。蓋をしてオーブンで150度20分。バターの香り豊かでホロホロのピラフが出来上がります。
a0241377_15451574.jpg

a0241377_15451540.jpg

a0241377_15451654.jpg

盛り付けです❣️
a0241377_15451671.jpg

ピラフは後方が正しいです。(トップ写真は逆なり)
ピーマンのほろ苦さが、トマトとよくあい、これからの季節いいですね〜。
a0241377_15451639.jpg

デザートはレモンケーキ
レモンのシロップを含ませているので、シットリです。
今月も素敵なレシピとお料理ありがとうございました。
a0241377_15451772.jpg

またまたインスタグラムの写真!
毎日朝に弥生の写真をアップしています❣️
yayoimamaxx1205

[PR]
by michikokojima | 2016-05-30 08:25 | 料理 | Comments(0)

サーモンのリエット

5月のフランス料理教室:
前菜は刺身用トラウトサーモンを使ったさっぱりとしたリエット
a0241377_20491306.jpg

サーモンは脂身の少ないものを選び、塩と砂糖で一晩マリネします。
a0241377_20491336.jpg

ヨーグルトは一晩水切りしておきます。
a0241377_20491300.jpg

たっぷりの水、マリネしたサーモン、ローリエをいれた鍋を強火にかけ、火が通ったらザルにあけて、さらにキッチンペーパーでよく水気を取る。
a0241377_20491442.jpg

フードプロセッサーでサーモン、マヨネーズ、水切りヨーグルト、バターを攪拌します。ボールに移して、エシャロット、ライム果汁、ハーブ、ケッパーを加えて混ぜます。
a0241377_20491407.jpg

盛り付けです。
a0241377_20491565.jpg

a0241377_20491507.jpg

飾りとして、サーモンの刺身、アボカド、セミドライトマト、ライム、スプラウトなど。いろいろなお味が美味しさをアップしてくれました。
メイン料理はまた明日❣️
a0241377_20491568.jpg

昨日、獣医さんで歯も見てもらいました。
綺麗ですねとの事‼︎
先月、歯垢があるとご注意いただき、その後毎日歯磨きをするように心がけました。
ヨカッタヨカッタ❣️


[PR]
by michikokojima | 2016-05-29 08:17 | 料理 | Comments(0)
タミー先生のフランス料理教室 4月の主菜はお肉料理
a0241377_16365847.jpg

包み焼きなので、しっとりと焼き上がり、さっぱりといただけます。
豚肉は室温に戻しておき、余分な脂身をそぎ落とす。
脂身には格子状の切り込みを入れて、フライパンで脂身の部分をしっかり焼きます。
a0241377_16365905.jpg

網に上げて冷まします。
塩生地は材料をボールに入れて、一かたまりになるまで手で混ぜます。
a0241377_16365955.jpg

a0241377_16365922.jpg

麺棒で5mm厚に伸ばし、豚肉とニンニク、ローズマリーの葉を包み込みます。
a0241377_16365933.jpg

a0241377_16370056.jpg

a0241377_16370065.jpg

a0241377_16370142.jpg

a0241377_16370159.jpg

生地の閉じ口を下にして、オーブン220度で20分焼き、暖かい場所で30分休ませます。
a0241377_16370279.jpg

塩釜をカットし、豚肉を取り出しカットします。
a0241377_16512068.jpg

a0241377_16512180.jpg

付け合わせのポテト料理はまた明日。
a0241377_16512156.jpg

旅行から無事帰宅しました。弥生も飼い主も楽しかったけど、疲れました。
旅行中はあまり寝てなくて、自分のベットに戻って、爆睡の弥生です。


[PR]
by michikokojima | 2016-04-17 16:24 | 料理 | Comments(0)