日々の写真と記録


by 弥生ママ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:料理( 200 )

a0241377_20495298.jpg

春を思わせるお椀の蒸し物:真鱈の難波蒸し
難波がネギの産地だったことからの命名だそうです。関東だったら、下仁田蒸しですね〜。
a0241377_20495303.jpg

🍴鱈は骨を取り除いて、切り分けて、熱湯で霜降りして、冷水に落とす。
a0241377_20495463.jpg


🍴ネギは細かく刻み、卵白1個と良く混ぜます。
(我が家は卵アレルギーなので、片栗粉で代用しましたが、なんとかなりました。)
a0241377_20495576.jpg

🍴器に出汁昆布を敷いて、鱈とネギを載せて、15分蒸す。
🍴かけ出し汁(出汁100cc醤油10ccみりん10cc)を入れて、刻みゆずを入れます。
ゆずは白い部分を取り除いて、刻むのがポイント⁉️
a0241377_20495662.jpg

美味しくて、幸せいっぱい❣️
まだまだこれから肉料理も続きます。

a0241377_20495767.jpg

節分の写真がまだありました。
今年は豆は買わずにドックフードで済ましました。


[PR]
by michikokojima | 2017-02-18 15:09 | 料理 | Comments(0)
a0241377_11343944.jpg


みぞれ降る寒い日でしたが、今月も神楽坂にて、日本料理のお勉強という大義名分で美味しいものを沢山頂きました。
前菜は節分❣️ホタテ、このわた、黒豆、大豆、ふきのとう、海老のふた身蒸し、イワシの生姜煮と美味しいもの盛りだくさん❣️
a0241377_21325120.jpg

毎月変わる前菜の器が本当に楽しみです。
a0241377_21325228.jpg

一品目:精進粕汁
a0241377_21325399.jpg

a0241377_21325451.jpg

大根、人参の拍子切りは、長さを揃え、具材に合わせて大きさを調整します。硬い人参は小さめに!
a0241377_21325534.jpg

酒粕は前日から水に浸してミキサーにかけます。
値段の高めの美味しい酒粕を使用するのがポイント❗️出汁で具材を煮込んで、酒粕を入れて出来上がり。クリーミーな和風シチューのような美味しさで、寒い季節にぴったりです。
a0241377_21325678.jpg

季節の梅模様のお椀も素敵。
我が家でも早速八海山の酒粕で2回作りましたが、家族に大好評でした。

2:雲子の茶碗蒸し
a0241377_21325733.jpg

新鮮なたらの卵巣、百合根で作る茶碗蒸しは、ポン酢で最後に味付けします。うーん、絶品です。
ただ、新鮮な白子を手に入れるのは難しいですね。作り方は割愛させていただきます。
Facebook でたんたかと検索するとレシピが見ることができますよ。
a0241377_21325734.jpg


器も新しく購入したものだそうです。
うーん、欲しくなりますね。

残り2品はまたあしたに。

a0241377_21325836.jpg

我が家の節分は、長男の友人がお泊りに来て、賑やかでした。弥生もお福で豆まきに参加です。
鬼のお面は嫌なので、おたふくをプリントアウトして、弥生の胴に巻きつけ、豆の代わりにドッグフードを巻きました。楽しい豆まきでしたよ〜。

[PR]
by michikokojima | 2017-02-16 21:13 | 料理 | Comments(2)
🍴ぶりおろし煮
a0241377_14035796.jpg

先月教わりましたぶりの照り焼きの応用編
1-大根おろしは水気をざるにあげて水気を切っておく。
2-白ネギは包丁目を入れて4センチの長さに切る。
a0241377_14035811.jpg

3-ぶりは皮目に包丁目を入れて小麦粉を打って焼く。
4-煮汁を合わせる。1人前出汁100cc 醬油10cc みりん10cc
5-ぶりとネギを入れて煮る。
6-仕上げに大根おろしをいれてさっと炊く。
7-盛り付けて木柚子を散らす。
a0241377_14035860.jpg

出汁とぶりの美味しさが際立ちます。
美しい蓋つき椀も素敵‼️

🍴カニチャーハン
a0241377_14035925.jpg

1-鉄板をよく焼いて玉子1個をいれて軽く潰す。
2-炊いた白米200gを入れて玉子とよく混ぜる。
3-ズワイ蟹身100グォ混ぜて炒める。
4-ポン酢15ccで味をつける。
a0241377_14035900.jpg

出汁を沸かして塩と黒胡椒で味付け、溶き卵を落としたスープを添えて頂きました。
ポン酢の旨味が残って、ふわふわの美味しさ‼️ご馳走様でした。
a0241377_14040038.jpg

お甘も頂き、幸せいっぱいでお教室は御開きとなりました。
今月も素敵なお料理をありがとうございました。
a0241377_14040168.jpg

このところの厳しい寒さ、身に応えますね。今週は台所の改装の工事が入っています。寒い寒い😨。リフォームの進行もブログにアップできるといいなと考えています。

[PR]
by michikokojima | 2017-01-17 13:45 | 料理 | Comments(0)
a0241377_10414450.jpg

お正月祝いの台に美しく盛られた前菜で、今月も料理教室の始まりです。
打ち出の小槌の蓋物などおめでたい小物が嬉しいです。
🍴ほし棒鱈と芋煮
🍴長芋となまこの塩辛
🍴ニシン昆布巻き
🍴サーモンとかぶら
🍴カステラ卵焼き
🍴なますのゴマペーストがけ干し柿添え
a0241377_10414508.jpg

百人一首の上の句と下の句が合わせになる小皿❣️教養が足りなくてよく読めなかったけど、風流で素敵❣️
a0241377_10414672.jpg

板長の渡辺さんとアシスタントさんのお二人で手際よくお料理が進められていきます。
🍴白味噌雑煮(関西風)
a0241377_10414617.jpg

1. 海老芋は柔らかくなるまで蒸して皮をむきます。
2.金時人参は丸にむき(京都のお正月は全て丸に切るそうです。)下ゆでして出汁を含ませます。
3.丸餅は湧いた湯に入れて柔らかく茹でます。
4.青菜(ウグイス菜)はさっと色出しします。
5.出汁を合わせて沸かす。
1人前:出汁100cc白味噌30gさとう5g(お好みで砂糖は加減)
6.具材を盛り込んで仕上げます。
a0241377_10414726.jpg

初めていただく京風雑煮はほのかに甘くて、海老芋とお餅のねっとり感がとても美味しく頂きました。
鶴のおめでたいお椀も美しい。016.gif

🍴平目と菜の花の昆布じめ 生姜酢と共に
a0241377_10414878.jpg

1.平目はおろして皮を引く。(職人技❣️普通の主婦は切り身で)
a0241377_10414825.jpg

2.塩を振り約10分脱水させる。
3.菜花は硬めに湯がいておく。
4.濡れたふきんで昆布をさっとふく。
(昆布は薄くて安価で、写真は折り昆布)
a0241377_10414971.jpg

5.昆布に平目と菜花を挟みラップで包む。
2-3日寝かす。
a0241377_10414919.jpg

6.合わせ酢を作る。出汁200cc 酢100cc 醬油50cc砂糖大さじ1 全てを一度に混ぜて、一度沸かして急冷する。
7.生姜汁30ccを加えて生姜酢にする。
(わさび、柚子胡椒などでも美味しい。)

とても良質の平目がさらに美味しくなりました。昆布締めは5-7日も保存できるので、旅行など忙しくなる時の前に作り置きしておくといいですね。但し、野菜は2-3日のみの保存だそうです。

続きはまた後日!
a0241377_10415048.jpg

弥生のおばあちゃんが、闘病中と知りました。緊急手術だったそうです。
おばあちゃんのチコちゃん、頑張って‼️
元気になってください。


[PR]
by michikokojima | 2017-01-16 09:46 | 料理 | Comments(0)
a0241377_14011890.jpg

12月のフランス料理教室の前菜はビタミンカラーのムース❣️
カリフラワーをライスのようにみじん切りにしたものを添えて頂きました。
黒オリーブと食用多肉植物:ノグラパリーフを飾っておしゃれな前菜に‼️
a0241377_14011975.jpg

📌赤パプリカはタネを取り、1センチ四方にカット。オリーブオイルで炒めます。
📌ブイヨンを加えて弱火で30分茹で、塩胡椒。ゼラチンを加えて溶かします。
📌粗熱が取れたら、ミキサーで撹拌し、シノワで漉します。
📌ボールに氷をあてて、とろみが出るまで冷やす。(生クリームを入れた時の分離を防ぐためにもよく冷やすこと👍)
📌別ボールで生クリームを7-8分立てにしてる、混ぜ合わせます。
📌グラスに入れて冷蔵庫で冷やします。
a0241377_14012031.jpg

📌カリフラワーライスはカリフラワーを小房に分けて、フードプロセッサーで細かくしすぎないよう注意して、微塵切りに!
📌フライパンにオリーブオイルを熱して、細かくしたカリフラワーを炒めて塩胡椒します。
📌粗熱が取れたら、オリーブオイル、レモン汁🍋、マヨネーズを入れて冷やしておく。
(サラダのトッピングにも🥗いいですね。)
a0241377_14012000.jpg

クリスマスパーティー🎄にぴったりのおしゃれな一品です❣️
a0241377_14012116.jpg

デザートはチョコレートケーキ❣️
クリスマスの素敵なテーブルセッティングも楽しませていただきました。
今月もタミー先生ありがとうございました。
a0241377_14012207.jpg

東京都小平市もめっきり寒くなり、先日初霜が‼️霜柱も昼近くまで残っていました。
クリスマスまでもう少し🎄。
年内ブログの更新は難しいかもしれません。
みなさま、楽しいクリスマスとお正月をお迎えくださいませ🎍。
[PR]
by michikokojima | 2016-12-19 13:41 | 料理 | Comments(3)

ブブ・ブルギニオン

今月のフランス料理教室のメイン料理:
ビーフシチューの原型と言われるブルゴーニュ風牛肉の煮込みです。
a0241377_12295664.jpg

🍴牛スネ肉は150グラム単位に分けてタコ糸で縛り、香味野菜、赤ワイン1本とともに一晩マリネします。
a0241377_12295762.jpg


a0241377_12295753.jpg

🍴マリネしたものは漉し、牛肉は小麦粉をつけて、しっかりとフライパンで焼く。
🍴鍋にマリネ液を入れて、沸騰させ、牛肉とフォンドボーを入れて弱火で煮る。
🍴マリネに使った野菜を強めに焼き、牛肉の鍋に入れる。
🍴鍋に蓋をして180度のオーブンに入れ1時間半〜2時間煮込む。
🍴別鍋で赤ワイン200ccとハチミツ大さじ2を煮詰める。
🍴オーブンから出し、肉を取り出しタコ糸を外す。ソースを漉し、野菜は捨てる。
🍴ソースは鍋に戻し、別に煮詰めておいたソースを加え、塩胡椒で味を整え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
🍴添えるベーコン、ペコロス、マッシュルームはバターで炒める。
a0241377_12295897.jpg

ほろほろととろける牛肉が、赤ワインのソースとよく合います👍
お子様には、ハチミツを足すと甘くて美味しくなるそうです。
お客様にも、前日から作って置けるので、当日は温めるだけで、余裕ができますね。
対面のお肉屋さんで、150グラムにしっかり良いお肉を切り分けてもらうのがポイントと先生に教わりました。
今年のクリスマスはこれにしようかな⁈
前菜はまた後日にアップいたします。
a0241377_12295973.jpg

先日、長男の後輩K君が2泊しました。
弥生はしっかり覚えていて、ちょっと吠えただけで、あとは尻尾フリフリ!
朝食時は、いつの間にかK君の膝の上におり、一緒にご飯食べる体勢🍚!
慌てて、撤収いたしました。
K君は弥生公認ゲストです!
[PR]
by michikokojima | 2016-12-18 12:05 | 料理 | Comments(0)
3品目:ぶりの照り焼き
a0241377_16242466.jpg

お皿は中国のアンティーク:
山芋のみじん切りと青海苔をトッピング
🍴ぶりは皮に包丁目を入れるのがコツ❣️
🍴調味料は合わせて火を入れます。(酒450cc 砂糖130g しょうゆ110cc) みりんがないのがコツ❣️
🍴フライパンで小麦粉を打った切り身を焼く。
🍴一旦魚を取り出し、フライパンは洗って、合わせたたれを沸かし、再度切り身を入れてたれを絡めます。
a0241377_16242503.jpg

a0241377_16242692.jpg

a0241377_16242660.jpg

今まで自分でいい加減に作っていたぶりの照り焼きとは別物‼️
合わせたたれは、鶏肉などを焼いても美味しい‼️
その日の夕食に早速作って、家族に好評でした❣️

4品目:ニシン蕎麦
a0241377_16242704.jpg

京都の名物:ニシン蕎麦❣️
初めて食べましたが、ニシンの甘みが美味しい❣️
もちろんそばの出汁も絶品です❣️
a0241377_16242896.jpg

🍴磨きニシンは前日から米とぎ汁につけ、腹骨と鱗をとり、ほうじ茶で15分たく。
🍴調味料と出汁を取った後の昆布で30分弱火で炊いて、一晩寝かせる。
🍴蕎麦出汁:基本一人前 出汁200cc みりん20cc 醤油20cc
a0241377_16242942.jpg

🍴乾麵は湯がいた後、冷水で洗い、再度熱湯で温める。
(ニシンは好みが分かれるところ)
(手間と時間を考えると、レトルトもありかな〜という感想です!)
(渡辺先生ごめんなさい🙇)
a0241377_16243076.jpg

デザートは蒸したおまんじゅう❣️
出来立てをいただきました。
今月も素晴らしいお料理をありがとうございました。
12月はお店も忙しくて、先生のテンションがビリビリと伝わりました。
おせちの注文もあって、年末は睡眠時間も削ってのお仕事だそうです。
来年もよろしくお願いいたします。
ご一緒いただいたWさんもありがとうございました。😊
a0241377_16243196.jpg

急に寒くなった東京です。
今朝はマイナス1度でした。
療養中の父も発熱。心配しましたが、昨日回復と連絡がありホッと致しました。
今月、庭にチューリップ🌷クロッカス🌼水仙の球根を植えました。
これらが咲く来春も父が元気に存命していますようにと願いを込めて。。。。
[PR]
by michikokojima | 2016-12-12 15:02 | 料理 | Comments(1)
a0241377_17391951.jpg

今月の前菜:一足早くお正月🎍とクリスマス🎄
鱈の白子のポン酢-数の子醤油漬け-なまこの生姜酢-黒豆-富士山ごぼう-姫くわい-車海老-カステラ卵
うっとりしながらいただきました❣️

a0241377_17392166.jpg

一品目:蕪蒸し椀
📌蕪は皮を厚く剥いて、すりおろし、ざるにあげて1時間。水分を切って、卵白と塩を加えます。
📌鯛の切り身は熱湯で霜降りしておく。
📌容器に魚と蕪40グラムをのせて8分蒸す。
📌出汁を沸かして、塩と砂糖小さじ1ずつで味をつけて、水溶き片栗粉でとろみをつける。
a0241377_17392201.jpg

a0241377_17392282.jpg

仕上げに本わさびを盛り付け、熱々でいただきました。
2品目:金柑の蜜煮
a0241377_17392304.jpg

📌大きめの金柑を選び、包丁目を四方にいれます。果汁がよく出るように!
📌沸騰した湯で5-10分茹でる。
📌ピンセットでタネを取る。(家庭では省略して良い。大変な作業なのです!)
📌水450ccと砂糖130gで蜜を作り、弱火で10分煮込みます。
(我が家でも早速2パックをこの分量で作りました!)
残り2品はまた明日!
a0241377_17392405.jpg

ブログの更新が遠のいておりますが、弥生は元気です。
i Phone7plus を購入したので、
お散歩時に写真を撮ると楽しい‼️
あっという間に冬ですね。
忙しい時期ですが、
心楽しく過ごしたいですね〜。




[PR]
by michikokojima | 2016-12-11 17:13 | 料理 | Comments(0)

日本料理 たんたか 11月

a0241377_13584201.jpg

フランス料理教室でご一緒のWさんをお誘いして、神楽坂の日本料理教室に参加してきました。
前菜は、アンコウの肝の生姜煮、銀杏、柿のクリームなます、甘エビ等。食器も季節を感じられる物ばかりで、目にも楽しく、飾りの紅葉は料理長のご実家からの贈り物だそうです❣️
a0241377_13584284.jpg


1)牡蠣のみぞれ椀
出汁さえあれば、さっと茹でるだけなのでお手軽ですが、柚子の皮を綺麗に処理して刻むのは、流石、板前さんの技ですね。
a0241377_13584492.jpg

a0241377_13584455.jpg

2)ふろふき蕪
a0241377_13584593.jpg

蕪は厚めに皮をむくのがポイント。
卵黄を練り込んだ味噌をかけていただきます。
a0241377_13584580.jpg

3)西京味噌漬け焼
a0241377_13584666.jpg

ガーゼをひいて、丁寧に味噌床に2-3日漬け込みます。金串で焼くと素敵です❣️
仕上げにみりんを塗って照りをつけるそうです。
a0241377_13584777.jpg

a0241377_13584806.jpg

しっかり味が付いていて、それでいて塩辛くはなく、ご飯が恋しい味です。
4)カレーうどん
a0241377_13584887.jpg

千切り玉ねぎを出汁で茹でて、カレー粉、醤油、みりんを加えたあっさりとしたつゆですが、甘辛く煮た牛肉を加えることで、驚くの美味しさです❣️
早速我が家でも作りました❣️
a0241377_14061641.jpg

デザートは芋きんとん。
今月も素晴らしいお料理をありがとうございました。また、ご一緒してくださったWさん、ありがとうございました。
色々とある日常も、こんなひと時が持てることで、前向きに進むことができます‼️様々な事と人々に感謝ですね。
a0241377_14061618.jpg

クリスマスの準備も取り掛からないといけません‼️
[PR]
by michikokojima | 2016-11-19 13:42 | 料理 | Comments(1)
a0241377_16495458.jpg

タミー先生のフランス料理教室の主菜は鴨のロースト❣️ オーブンで焼いた洋ナシと並べていただきます。
a0241377_16495561.jpg

鴨は室温に戻し、皮面に切れ目を入れて塩胡椒する。フライパンにニンニク2切れを入れて皮面を下にして焼いていきます。
鍋の蓋などで、押さえると綺麗に焼けます。側面も焼き、綺麗に焼けたら、いったん取り出し、青いネギをフライパンに敷き、その上に鴨を乗せて、火を止めて10分程休ませます。
ソースはバルサミコ酢を6-7分弱火で煮詰めて、オリーブオイル、ヘーゼルナッツ、エシャロット、パセリを加えて、休ませている間に出た肉汁も加えて塩胡椒で味を整えます。
a0241377_16495664.jpg

洋ナシは、7-8ミリに薄切りして、オリーブオイルを熱したフライパンで焼き、塩胡椒します。教室では、150度のオーブンで5分焼きました。
a0241377_16495699.jpg

ナッツと洋梨が鴨にベストマッチ❣️
とても美味しかったです!
タミー先生、今月も素敵なレシピとお料理をありがとうございました。
a0241377_16495754.jpg

栗の甘煮をトッピングしたミニパイがデザートでした。うーん、幸せ❣️
先生のお料理に対する情熱を見習わなくてはと、翌日、ニョッキを作りました。美味しくできましたよ〜。(写真撮り忘れ。。。)
a0241377_16495841.jpg

我が家の愛犬をアプリで表紙にしてみました。ストレス?
弥生はストレス感じない仔。
いい意味で鈍感❣️
たくましくて、ストレスためないタイプです!

[PR]
by michikokojima | 2016-10-25 15:25 | 料理 | Comments(2)