日々の写真と記録


by 弥生ママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
a0241377_20050239.jpg

季節の前菜: ピーマンの佃煮
帆立の雲丹和え
イチジクのゴマクリーム
夏らしいガラスの器に、うちわ、ほおずき、船と目にも楽しい盛り付けです。

🍽鰻とろろ汁
a0241377_20050318.jpg
a0241377_20050418.jpg


白焼き鰻は蒸し器でふっくらと蒸して、大和芋のすりおろしと共にお出汁をかけていただきます。朝顔の器も素敵‼︎

🍽冷や汁素麺
a0241377_20050527.jpg

いりごま、お出汁、お味噌で作ったつけダレと極細の絹巻素麺がポイント!
a0241377_20050557.jpg

今月から、和服美人👘のアルバイトさんが加わり、雰囲気が華やかになりました。大将もニコニコですね〜。

🍽鰻巻き卵
a0241377_20050693.jpg


a0241377_20050759.jpg

これは職人技で難しそうでした。
実際、大将は竹葉亭に3年勤務経験があり、鰻巻き卵はお手の物だそうです。

a0241377_20050818.jpg

🍽ゴーヤチャンプル
ポイントはお豆腐と豚肉‼︎
木綿豆腐は前日からしっかりと水を切る。
豚肉は三元豚🐖。下味に塩胡椒して、小麦粉をまぶす。ご飯がススムお味です。
a0241377_20050865.jpg

🍽デザートは嶺岡豆腐(牛乳ゼリー)の桃ソース🍑&お抹茶

どれも美味しくて、お腹いっぱい!
料理や素材選びのコツを教えていただき、
充実した時間でした。
渡辺店主さん、今月もありがとうございました。😊

a0241377_20050905.jpg

我が家の愛犬弥生。
今日も元気です‼︎

[PR]
# by michikokojima | 2017-08-06 19:26 | 料理 | Comments(3)
家庭画報のイベント:「フレンチで感じる軽やかな夏」に参加して来ました。
a0241377_16135224.jpg

この日は特別にパティシエ 👨‍🍳シェフのミケーレ-アッバテマルコさんが本日のデザートをデモンストレーションしてくださいました。
a0241377_16135380.jpg

🍦ライスミルクのパンナコッタ
🍦ケフィールのパンナコッタ
🍦アガベのジュレ
🍦オゼイユのオイル
🍦お米のクリーム

どれも素材にこだわり、デザートの名前「鮮やかな緑、米、きゅうり、果実の酸味」のイメージに沿ったストーリーに合わせて丁寧に作られます。
日本🇯🇵の和菓子の素材「求肥」も使うなど、熱心に研究してのまさに「作品」です。
バター、生クリームは全く使用せず、砂糖も控えめ。従来の甘くてどっしり重いデザートではないのですか?と質問したら、
そうしたものはいくらでも売っているし、食べられますよね〜。このレストランでこそ食べられるストーリーのあるデザートなのですとのお答えでした。
若い女性のアシスタントさんが2名いらしたのですが、とっても綺麗にメイクなさっていて💄綺麗な方だったのが印象的でした。
さて、デモンストレーションの後は、
「軽やかな夏の特別コース」をいただきました。
a0241377_16135356.jpg

食前には、フルーツ酢ソーダ:桃🍑とバジル、ブルーベリーと紫蘇、キウイ🥝とローズマリーの3種類から選びます。
a0241377_16135455.jpg

玉ねぎのタルト 大根とルバーブのジュレ
a0241377_16135560.jpg

野菜のモザイク トマトのコンフィ
a0241377_16135597.jpg

インゲンのサラダ フロマージュフレ
a0241377_16135664.jpg

鯵のブレル
a0241377_16135615.jpg


スムージー
a0241377_16135725.jpg

季節の果物
a0241377_16135772.jpg

そして先程デモンストレーションを拝見したデザートの登場です。
さっぱりと舌触りの軽やかな美味しさでした。
同席しました60代と思われる上品なご夫妻とも話しが弾み、とても楽しいひと時でした。家庭画報さん、ありがとうございました。
a0241377_16200059.jpg

ミケーレさんと記念撮影
イタリア生まれの🇮🇹繊細な手先が印象的な方でした。

[PR]
# by michikokojima | 2017-07-23 15:39 | おでかけ | Comments(0)
🍽かぼちゃコロッケ和風トマトソース
a0241377_10303312.jpg

お皿は新鋭の作家さん宮里えみの作品。
レース模様の縁が料理を引き立てますね。
a0241377_10303425.jpg

茹でて水気を切ったかぼちゃと生クリームと塩で作るシンプルなコロッケです。
お出汁と醤油と酢で煮込んだトマトソースとよく合います。
a0241377_10303505.jpg

🍽湯葉丼
a0241377_10303650.jpg

出汁と醤油みりんで作った出汁餡と本ワサビでいただきました。
花火の模様のお椀が楽しいですね。
a0241377_10303607.jpg

🍽デザートは見習いの板さんが作ってくれました。昔ながらのプリン🍮!美味しかったです。

W大将❣️今月も素晴らしいお料理をありがとうございました😊。
来月も楽しみです❣️
a0241377_10303735.jpg

暑い毎日😵💦💦。
朝の散歩の後は、飼い主共々バテバテです。
みなさま熱中症にお気をつけくださいませ!

[PR]
# by michikokojima | 2017-07-21 10:16 | 料理 | Comments(0)
a0241377_13034096.jpg

猛暑の東京地方、今月も神楽坂へ行ってきました。
前菜は青紅葉をひいたガラス鉢の上に朝顔の小鉢たち

鴨、いくらとオクラ、川海老の唐揚げ、もずく、雲丹と寿司飯。

目にも涼やかで、暑さも吹き飛びました。

🍽牛肉と新生姜の吸い物
a0241377_13034157.jpg

すき焼きにもできる高級な牛肉を使用しているので、間違いない美味しさです。
a0241377_13034160.jpg

a0241377_13034206.jpg

a0241377_13034338.jpg

出汁に醤油とみりんを加えて、生姜を入れて、沸いたら、牛肉を入れてさっと煮ます。
美味しい出汁さえあれば、すぐできますね。
豚しゃぶ肉でも🆗だそうです。

🍽冬瓜とホタテの冷し煮
a0241377_13034301.jpg

冬瓜の皮はピーラーで薄く剥き、包丁目を入れます。
a0241377_13034481.jpg

a0241377_13034542.jpg

ホタテはしっかりと包丁目を入れて、火を入れても大丈夫なように下ごしらえします。
a0241377_13034575.jpg

タップリの出汁に醤油、みりん、酒を入れて30分煮込みます。ホタテの旨味が冬瓜にあいます。
冬瓜ってなかなか料理しないので、美味しいレシピを活用したいですね。
a0241377_13034625.jpg

器も夏らしさを楽しめます。

残り二品はまた後日。

[PR]
# by michikokojima | 2017-07-17 12:39 | 料理 | Comments(0)
a0241377_17340744.jpg

賀茂茄子のそぼろあんかけ
人間国宝:松田権六さんのコピーの素晴らしいお椀で頂きました。
松田権六さんは、父が仕事関係でお世話になった東京芸大出身の偉大な漆器作家です。
作品は美術品なので、1点で1000万はする物❣️
コピー商品でも主婦には手の届かない物です。
もう感動です❣️
a0241377_17340892.jpg

お料理も勿論素晴らしい。
鳥ミンチは酒で炒り煮して、ざるに上げておくのがポイント。
ナスもしっかりと焦げ目がつくぐらい揚げることが大切だそうです。
しめは、香り豊かなご飯🍚。
a0241377_17340929.jpg

土鍋で炊くのがいいですね。
a0241377_17340937.jpg

デザートはわらび餅。
今月もありがとうございました。😊
興味のある方は、ぐるなび料理教室 たんたかで検索してみてくださいませ。
日本料理、年齢を重ねると本当に美味しく感じます。
来月も楽しみです。

愛犬弥生、年下の男の子(わんこ)がお好みのようです。散歩時、出会うわんちゃん、メスだとガウガウですが、オスはいいみたい。
a0241377_17341012.jpg



[PR]
# by michikokojima | 2017-06-22 09:20 | 料理 | Comments(0)
a0241377_13060686.jpg

今日はようやく梅雨らしい雨の東京地方☔️。
今月もWさんとご一緒に日本料理教室へ行ってきました。
お楽しみの前菜は、ゴーヤの揚げ浸し、タコ🐙梅酢醤油、八幡巻、さつまいものレモン🍋煮、枝豆揚げ等。この半年の邪気を払う、しつらえです。
青紅葉の演出が素敵です。
a0241377_13060799.jpg

美しい夏の銀椀はアスパラの沢煮
a0241377_13060777.jpg

野菜は酒で炒り煮して、出汁でいただきます。
a0241377_13060853.jpg

真鯵と新生姜の巻き寿司
a0241377_13060929.jpg

a0241377_13060985.jpg

関西風のすし飯の作り方を教わりました。
結構しっかりとした味付けなので、冷めても美味しいです。関東のようにお醤油をつける必要がありません。
鯵も立派で、大将が下ろしてくれましたが、自分では無理かな〜。
あと2品は又後日。

愛犬弥生、トリミングに行ってきました。
a0241377_13061078.jpg


[PR]
# by michikokojima | 2017-06-21 12:50 | 料理 | Comments(0)