日々の写真と記録


by 弥生ママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年 01月 16日 ( 1 )

a0241377_10414450.jpg

お正月祝いの台に美しく盛られた前菜で、今月も料理教室の始まりです。
打ち出の小槌の蓋物などおめでたい小物が嬉しいです。
🍴ほし棒鱈と芋煮
🍴長芋となまこの塩辛
🍴ニシン昆布巻き
🍴サーモンとかぶら
🍴カステラ卵焼き
🍴なますのゴマペーストがけ干し柿添え
a0241377_10414508.jpg

百人一首の上の句と下の句が合わせになる小皿❣️教養が足りなくてよく読めなかったけど、風流で素敵❣️
a0241377_10414672.jpg

板長の渡辺さんとアシスタントさんのお二人で手際よくお料理が進められていきます。
🍴白味噌雑煮(関西風)
a0241377_10414617.jpg

1. 海老芋は柔らかくなるまで蒸して皮をむきます。
2.金時人参は丸にむき(京都のお正月は全て丸に切るそうです。)下ゆでして出汁を含ませます。
3.丸餅は湧いた湯に入れて柔らかく茹でます。
4.青菜(ウグイス菜)はさっと色出しします。
5.出汁を合わせて沸かす。
1人前:出汁100cc白味噌30gさとう5g(お好みで砂糖は加減)
6.具材を盛り込んで仕上げます。
a0241377_10414726.jpg

初めていただく京風雑煮はほのかに甘くて、海老芋とお餅のねっとり感がとても美味しく頂きました。
鶴のおめでたいお椀も美しい。016.gif

🍴平目と菜の花の昆布じめ 生姜酢と共に
a0241377_10414878.jpg

1.平目はおろして皮を引く。(職人技❣️普通の主婦は切り身で)
a0241377_10414825.jpg

2.塩を振り約10分脱水させる。
3.菜花は硬めに湯がいておく。
4.濡れたふきんで昆布をさっとふく。
(昆布は薄くて安価で、写真は折り昆布)
a0241377_10414971.jpg

5.昆布に平目と菜花を挟みラップで包む。
2-3日寝かす。
a0241377_10414919.jpg

6.合わせ酢を作る。出汁200cc 酢100cc 醬油50cc砂糖大さじ1 全てを一度に混ぜて、一度沸かして急冷する。
7.生姜汁30ccを加えて生姜酢にする。
(わさび、柚子胡椒などでも美味しい。)

とても良質の平目がさらに美味しくなりました。昆布締めは5-7日も保存できるので、旅行など忙しくなる時の前に作り置きしておくといいですね。但し、野菜は2-3日のみの保存だそうです。

続きはまた後日!
a0241377_10415048.jpg

弥生のおばあちゃんが、闘病中と知りました。緊急手術だったそうです。
おばあちゃんのチコちゃん、頑張って‼️
元気になってください。


[PR]
by michikokojima | 2017-01-16 09:46 | 料理 | Comments(0)